2017年8月10日木曜日

翻訳作業に於ける数エーテルの働き

2017年6月19日〜7月31日にわたって、クラウドファンディング上でアルミン・J・フーゼマン著『音楽要素から構築された人間のからだ』の出版支援プロジェクトが行われた。目標金額の200%を上回るご支援を頂き、クラウドファンディングは終了した。ドイツで30年のロングセラーを誇る本書の日本語訳出版がいかに待ち望まれていたかが伺える。しかし本書が日本語訳として出版されるまでにどのような経緯があったのか? 訳者である吉田和彦氏の「訳者あとがき」より、本書の出版経緯について抜粋、ご紹介させて頂く。


本書との出会い

1993年、当時ミュンヘン・アントロポゾフィー協会で理事を務め、精神科学自由大学責任者の一人でもあった故エファ・ヴィーガント博士が、その翌年の定例ヨハネ祭を企画された際、その音楽責任者に私を指名し、作曲を依頼して下さった。24年前のことである。彼女の希望で、ドイツの詩人エリカ・ベルトゥレ(1921-2013)のモダンな詩にソプラノ・フルート・ピアノの為の曲を書いて初演されたのが翌1994年6月であった。ヨハネ祭は盛況で、ヴィーガント博士も大変満足して下さった。その行事の後、彼女が「あなたは音楽家で聴くことが大切だから文字は読まないだろうけど、でも、これは大切な本だから……」と言って私に手渡した本、それがこの『音楽要素から構成された人間のからだ』(当時第3版)であった。これが本書との私の出会いである。