2016年12月26日月曜日

【講座】ルドルフ・シュタイナーの「哲学」に挑む|1/21 sat. - 22 sun.

Rudolf Steiner 1923

哲学とは、人は何の為に生きるのか? 人間に自由はあるのか? 意識とは何なのか? 魂は不滅で、死後の生は有るのか? この世界はどのように始まり、どこへ行くのか? そして、その意味とは何なのか? 時間と空間の本質とは何なのか? 神は存在するのか? 善とは一体何なのか? という表面的で非本質的な疑問に答えるためのものではありません。

本講座では歴史的な考察とルドルフ・シュタイナーの著作を手掛かりに、哲学の本質的で根本的な問題について参加者と共に考えていきたいと思います。

参考図書:
自由の哲学 ルドルフシュタイナー著 高橋巌訳 筑摩書房 
ゲーテ的世界観の認識論要綱 ルドルフ・シュタイナー著 森省吾訳 イザラ書房
"シュタイナー"『自由の哲学』入門 今井重孝著 イザラ書房
哲学の謎 ルドルフ・シュタイナー著 山田明紀訳 水声社
シュタイナー自伝 <上> 1861-1894 
シュタイナー自伝 <下> 1892-1913
ルドルフ・シュタイナー著 西川隆範訳 アルテ出版


講師プロフィール

竹下哲生/Tezuo Takeshita(Shikoku Anthroposophie-Kreis代表)
1981 年香川県生まれ。2000 年渡独。2002 年キリスト者共同体神学校入学。2004年体調不良により学業を中断し帰国。現在自宅で療養しながら四国でアントロポゾフィー活動に参加。共著『親の仕事、教師の仕事〜教育と社会形成〜』訳書『アントロポゾフィー協会と精神科学自由大学』『アトピー性皮膚炎の理解とアントロポゾフィー医療入門』(いずれもSAKS-BOOKS)他。



1/21 sat.
15:00 - 15:45  ガイダンス 自己紹介
15:45 - 17:15  1時間目
17:30 - 19:00  2時間目
19:15 - 20:45  3時間目

1/22 sun.
09:00 - 10:30  4時間目
10:45 - 12:15  5時間目
12:15 - 13:15  昼食
13:15 - 14:45  6時間目
15:00 - 15:45  まとめ

会場:宇多津保健センター 第2会議室・第3会議室
〒769-0210 香川県綾歌郡宇多津町1881(JR宇多津駅より1.4キロ・徒歩17分|坂出インターチェンジより車で7分
料金:6,000円 お支払いは当日会場にてお願い致します)

お申込み・お問い合わせ:こちら 締め切り1月19日(木)
お電話: 088-843-2814(林迄)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

0 件のコメント :

コメントを投稿