2015年4月22日水曜日

子どもの発達のメカニズムを知ることで、成長に即した子育てが行える


『ミュンヘンの小学生(娘が学んだシュタイナー学校)』(中公新書・子安美智子)に出会ったのは40年前。小学生相手の楽しい教員生活の中にあった私は、ドイツのシュタイナー学校からの問題提起を受け止めきれていなかった。

その25年後に『霊学の観点からの子どもの教育』(R. シュタイナー)を紐解いたのは、現代日本の学校教育の根本を見直す必要性を、教員経験から痛感したからだ。10冊近く真剣に読んできたが、霊学(精神科学)、エーテル体(生命体)、アストラル体(感情体)、気質、という視点に馴染めない。傍線を引き、表にまとめてもやっぱり没頭できない。


子どもの発達のメカニズムが具体的に分かる

ところが、この小冊子はちょっと違った。子どもの発達への理解が自然と進んだ。いや、理解の仕方にいいヒントをもらったというべきかも知れない。


この訳書は、ラトビアの女性小児科医であるアンダ・フラウマーネ=ヤッヘンス(1961年生まれ)さんが昨夏、徳島県で40名前後の参加者を相手に行った講演を中心に編集したものだ。たった70分ほどの講演だけで単行本(小冊子)にすることになったのは、講演内容が参加者に好評を博したし、本にして精読したいという声が強かったことによる。

なぜ好評を博したのかは、第一章(三歳まで)、第二章(三歳から)、第三章(九歳から)と質疑応答を読めば分かる。ここまでで、たった30ページの分量だ。やっぱりエーテル体(生命体)やアストラル体(感情体)という語句は出てくるが、子どもの発達のメカニズムが平易で具体的に語られているから妙にストンと腑に落ちる。


年齢に応じた教育方法が子どもを育てる

例えば誕生後、数時間ごとの授乳と睡眠のリズムが「食べる」ことと「寝る」ことの大切な能力を身につけることになり、しいては「昼と夜のリズムを教えている」という話がある。このリズムが人生最初の一年間の最も重要なテーマだという彼女の言葉に、参加者のほとんどの親たちはわが子の最初の一年間を振り返って、唖然としたことだろう。授乳が終わるころに眠りに落ちた乳児の寝顔は、授乳者(たいていは母親)への休息のサインであってリズム形成のサインではなかったからだ。


また、二歳以降の何もしゃべらない「静寂の時間」に、幼い子が両親の日本語を聞きながら「日本の言語霊(精神)と結びついて育っている」ことが分かっていれば、幼児期から英語教育をすることが及ぼす悪影響も十分に推測できるというものだ。

三歳ごろから「感覚的な世界にめざめる」から、子どもは大人に「どうして」を連発する。「どうして草は生えてくるの?」「どうして空は青いの?」「どうして赤ちゃんは生まれてくるの?」と問われ、答えに窮した経験をどの親も持っている。幼子に理解してもらえる説明が難しいからだが、それ対して、科学的に「滔々と説明を始める」ことは危険なことで、子どもが病気になる症例もあると小児科医の経験から彼女は言う。子どもの発達段階を知ることの責任の重さを、親も教師ももっと謙虚に学ぶ必要がある。


分かりやすい解説で現代社会へ訴えかける


訳者の解説と補足も含めて、分かりやすい具体例が示されているから、たった60ページ余りの小冊子なのに、シュタイナー教育の入門書・教科書・啓蒙書、そして現代社会への警鐘の書物として、内容は十分に濃くて深い。シュタイナー教育をもっと実学にしていくためにも、続編の上梓を待ちたい。


元教員・竹下和男


アンダ・フラウマーネ=ヤッヘンス:
アントロポゾフィー医学から観た子どもの発達について

オンラインストアへ ≫



竹下和男/Kazuo Takeshita
1949年香川県生まれ。香川大学教育学部卒業後、28年におよぶ小中教員・教育行政職を経て、2000年に滝宮小学校校長に就任。同校で子どもだけで作る「弁当の日」を開始し、この食育実践で’03年に「地域に根ざした食育コンクール」最優秀賞(農林大臣賞)を受賞。’10年に教職を定年退職し、現在は「弁当の日」を全国に広げるために精力的に講演活動を行っている。著書は『“弁当の日”がやってきた』自然食通信社、『弁当づくりで身につく力』講談社、小説『お弁当を作ったら』共同通信社など多数。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

0 件のコメント :

コメントを投稿