2015年4月22日水曜日

子どもの発達のメカニズムを知ることで、成長に即した子育てが行える


『ミュンヘンの小学生(娘が学んだシュタイナー学校)』(中公新書・子安美智子)に出会ったのは40年前。小学生相手の楽しい教員生活の中にあった私は、ドイツのシュタイナー学校からの問題提起を受け止めきれていなかった。

その25年後に『霊学の観点からの子どもの教育』(R. シュタイナー)を紐解いたのは、現代日本の学校教育の根本を見直す必要性を、教員経験から痛感したからだ。10冊近く真剣に読んできたが、霊学(精神科学)、エーテル体(生命体)、アストラル体(感情体)、気質、という視点に馴染めない。傍線を引き、表にまとめてもやっぱり没頭できない。


子どもの発達のメカニズムが具体的に分かる

ところが、この小冊子はちょっと違った。子どもの発達への理解が自然と進んだ。いや、理解の仕方にいいヒントをもらったというべきかも知れない。


2015年4月20日月曜日

ヨハネス・キュール(ゲーテアヌム自然科学部門代表)『水:心の教師 〜ルドルフ・シュタイナーの自然科学講座〜』5月31日(日)in 徳島


水という元素(エレメント)は、様々なものの間を取り持ち、橋渡しをし、そして命を可能にします。そして水は我々の体からは不必要なものを運び出し、外の世界では「ゴミ」を捨ててくれます。詰まり水は、洗い清める「洗浄の元素」だということです。そして水の流れや水のきらめきなどを観察し、注意深く「水の振る舞い」に目を向けるならば、水は我々の精神的な教師にも成り得るのです。この講座では幾つかの簡単な実験を観察し、それについて考察します。そして以上の三つの観点から、我々の「水に対する関係性」を豊かにし、また深めていきたいと思います。
また放射能に関する講演(第四講)では、その本質と作用についてお話しした後に、参加者の問いに答えるかたちでお互いの問題意識について話し合う時間も設けたいと思っています。

2015年4月4日土曜日

SAKS-BOOKS オンラインストアがオープン!


この度、SAKS-BOOKS オンラインストアの準備が整いましたのでご報告致します。SAKS-BOOKSはShikoku Anthroposophie-Kreisの出版部として2013年に発足し、これまでに計13冊(e-book含む)の書籍を出版して参りました。出版点数が増えるにつれ、SAKS-BOOKSの書籍をより簡単にご購入して頂けるように、オンラインストアの開設を検討してきました。そして2015年度からオンラインストアをオープン致します:

2015年4月1日水曜日