2014年8月28日木曜日

リューダー・ヤッヘンス医学博士:アトピー性皮膚炎の理解とアントロポゾフィー医療入門 7


通常私たちは専門家でもない限り、あまり深く皮膚について考えることは無い。しかしアントロポゾフィー医療の観点から皮膚について考察する時、これまで私たちが思い描いていた皮膚についての表象とは全く違う深度を持った皮膚理解——人間理解——に導かれる。2014年8月29日—31日にかけて徳島で行なわれる『渦:混沌の創造性』の為に来四されるリューダー・ヤッヘンス医学博士の著書『アトピー性皮膚炎の理解とアントロポゾフィー医療入門』から、「公開講演I アトピー性皮膚炎の理解と病気の治療」を連載でご紹介したい。また8月の一連の講座では、様々な催しが企画されている。こちらも奮ってご参加頂きたい。


質疑応答

質問:私の六歳の娘もアトピー性皮膚炎なのですが、娘の発疹は肘の内側ではなく外側に出ています。


先ほどお話した発疹の部位は、飽くまで成人に於いて典型的な箇所です。就学以前の子どもに限定するならば、肘の内側ではなく外側に発疹が出るのは矢張り典型的なことです。言うまでも無く生まれて来た子どもの最大の使命は「成長すること」です。ですから、就学以前の幼い子どもは成人に於いては考えられないほど強い成長の力、代謝の力を持っているのです。このような強い力が血液を通して内側から外側に向かって働くことで、関節の外側にも発疹が出るのです。

質問:私の娘もアトピー性皮膚炎なのですが、既にヴェレーダ社製のカレンドゥラ・クリームを使っています。他にも何かするべきことはあるでしょうか。

私は今日の講演の中で内服薬については幾つか紹介させて頂きましたが、外用薬については全く言及しませんでした。こうしたことからも明らかなように、本来の「治癒」というものは必ず人間の内側から始まります。ですから、この過程を医療行為によって助ける為には人間の内側に働き掛ける必要があるのです。そのような意味に於いて内服薬は、最も本質的で強力な治療行為と言えます。とはいえ、このような「本来の治療」に並行して、症状そのものを和らげる外用薬もまた必要なものです。そして少なくとも、そういった意図に於いてはヴェレーダ社のカレンドゥラ・シリーズは全く正しいものです。但し単に症状を和らげるだけではなく、「治療」を望むのであれば医師による診察と処方が不可欠です。幸いにも、日本でもアントロポゾフィー医学を実践する皮膚科医の診療を受けることは可能です。

折角ですからここでカレンドゥラ・ベビー・クリームについて簡単に言及したいと思います。カレンドゥラCalendula officinalisという植物は非常に生命力に満ち溢れていて、力強い緑色の葉をつけます。そして花も目の覚めるような色彩を放っていて、非常に美しいのです。この力強い植物は人間を元気にさせ、回復させる作用を持っています。カレンドゥラ・ベビー・クリームには12%の酸化亜鉛ZnOが含まれていて、強い炎症を起こした患部に適しています。このクリームは「湿性の」炎症に適していますので、長期に亘って使用していると今度は患部が乾燥気味になって来ます。その場合は油脂成分を与えるなどして、患部の乾燥を防いで下さい。推奨されるのは、夜にカレンドゥラ・ベビー・クリームを塗って、日中に油脂成分を与えることです。また患部に塗る時は、少しだけ取って薄く伸ばすように心掛けて下さい。

逆に乾燥気味の肌を持った人には、カレンドゥラ・ベビー・クリームは適していません。そういった人にはヒッポファン・オイルが適しています。ヒッポファンHippophanae rhamnoidesは種子から非常に良質の油を採ることが出来る植物です。また、その果実にはビタミンCが豊富に含まれており、この果肉からも油を抽出することが出来ます。この油はロシアでは医学の専門書に薬として掲載されているほどです。ですからロシアでは、この油は例えばレントゲン撮影の後や火傷の患部に塗られているのです。このようにヒッポファン・オイルもまた、非常に高い治療効果を持っています。また、このヒッポファン・オイルから抽出された不飽和脂肪酸も医療に用いられます。

質問:月という天体と、銀という金属が関係しているというのは、一体どういうことなのでしょうか。

確かに、月という地上世界に存在しないものが病気の治療に関係しているという発想は、突飛に思えるかもしれません。しかし、月という天体は確かに人体と密接な関係を持っているのです。例えば皆様は、月という天体が28日という周期で運動していることをご存じだと思います。そして、この周期を我々は差し当たり「月のリズム」と名付けることにしましょう。そしてこの月のリズムを、我々は自らの生体組織の中にも見出すことが出来るのです。その最も分かり易い例が、女性の方々が毎月経験される月経です。この現象は、胎盤内の粘膜が約28日周期という月のリズムで代謝されることで起きています。或いはスキンケアに詳しい方は人間の角化細胞が生成され、古くなってアカとして剥がれ落ちるまでに約28日という時間を要するということをご存じだと思います。この肌の生まれ変わり(ターンオーバー)の周期が正に、月のリズムなのです。

こうして月という天体と、我々の生体組織に於ける代謝との関係性を見出すことが出来ました。丁度、太陽という宇宙的な存在が、この地上的な世界に深い影響を与えているように、月という宇宙的な存在もまた、地上世界の存在に深い影響を与えているのです。そしてアントロポゾフィー医学に於いて銀という金属は、こうした「月の力」の地上的な反映であると理解しています。だからこそ月の力を有した銀が、生体組織に於ける代謝という機能を助けるのです。詰まり、ここで本質的なことは銀という金属(物質)ではなく、銀という物質を生みだした力(過程)なのです。

質問:欧米人と日本人の肌質の違いについて

それについて先ず述べられることは、日本人の肌は乾燥傾向にあるということです。ですから日本人に於けるアトピー性皮膚炎の症状が、ドイツ人に於けるそれよりも深刻で、また治りにくいのです。このことは、ここ十数年に亘って活動してきた日独皮膚科協会の研究によって明らかになりました。

しかし私がこの事柄に関して全般的に述べられるのは、一般的な皮膚科医に於ける人間の皮膚の観察は、それでも未だ大雑把で繊細さを欠くものだということです。何故ならば、本当に「人間の皮膚」を理解する為には、この地球上に住んでいる様々な人種や民族の皮膚を観察する必要があると私は考えているからです。詰まり「人間の皮膚」の本質を理解する為には、「人類全体の皮膚」を理解する必要があるということなのです。

そしてアントロポゾフィーに基づいた医療は、様々な人種が持つ皮膚の違いを繊細に見分ける可能性を与えてくれるのです。ですから、私にとっては「地球の裏側」である日本に来て、このように日本の皆様の皮膚を直接観察出来る機会が与えられたということは、この上ない喜びなのです。何故なら、こうして私はそれまで知らなかった、新たな「人間の側面」を知ることが出来るからです。

例えば私はアフリカでの経験を通して、黒人の皮膚というのは代謝の要素が非常に強いということが分かりました。これは、神経感覚の要素が強い白人の対極にある特性だということが出来ます。また、ここにいらっしゃる日本人を始めとするアジア人は、非常に強い律動系の組織を持っていると私は感じます。だからこそ日本人は感情の要素、社会的な振る舞いに於いて、並外れた繊細さを発揮するのです。そして、こうした人体全体の特性が皮膚という特定の組織の中にも反映されていると考えることが出来るのです。

こうした違いを様々な角度から研究することで、我々は本当の「人間の全体像」を把握することが出来るのです。ですから私はドイツに持っている診療所に加えて、日本にももう一つ診療所が有ればと思っているのです。また、これらの診療所を気楽に行き来する為には、自家用の飛行機も一機あればと思うのです。

(終わり)


リューダー・ヤッヘンス医学博士(皮膚科医)
1951年ドイツ・ブレーメン生まれ。キールとゲッティンゲンの大学で医学を専攻し、卒業後、1984年から皮膚科医師としての活動を開始。1992年に南ドイツ・アルゴイ地方のシュティーフェンホーフェンにクリストフォールス診療所を設立。1993年からアントロポゾフィー皮膚科学会を主宰。スイス・アーレムハイムの癌専門病院ルーカス・クリニックでの医学ゼミナールやドイツ・シュトゥットゥガルト近郊の総合病院フィルダー・クリニック、そしてWELEDAWALAといった製薬会社などにおいて、ヤッヘンス氏は指導的立場にあり、診療所が休診である週末の殆どが、各地での講演やゼミナールで埋め尽くされている。地元ヴァンゲンのアントロポゾフィー協会では精神科学自由大学の分野などで重要な課題を担っている。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

0 件のコメント :

コメントを投稿