2014年2月4日火曜日

EURYTHMIEMALBUCH I VOKALE, KONSONANTEN オイリュトミーぬりえ I 母音と子音

著者(共著):EMI YOSHIDA(吉田恵美), YUTA TAKAHASHI(高橋祐太)
価格1,000円+税  購入する
MIT FARBPLAKAT(ポスター付)詳細は:こちら

EURYTHMIEMALBUCH(オイリュトミーぬりえ)について
「シュタイナーの芸術は、関係者だけのものではない」とヴォルフスブルク美術館長は語っています。彼の黒板画やオイリュトミーフォームは、インスピレーション溢れるもので、これまで多くの芸術家にインパクトを与えてきました。

2年前、ミュンヘン芸術アカデミーのサマースクールにおいて、全世界から集まった若手アーチィストのために色とオイリュトミーフィギィアーの講座を行った時、のどの渇きを癒すように、赤やオレンジを動き、さらに緑色が加わりオイリュトミーフォームの「T」になった時の驚きと、その後、フィギィアーを見た時の彼らの感動の仕方は、私がびっくりするほどでした。

活字や音符の背後にある、言葉や音楽の本質を体全体で動くのがオイリュトミーですが、シュタイナーの芸術性は解釈なしでアーチィスト達に受け入れられ、彼らは講座の後にフィギィアーの写真を熱心に撮影していました。

南ドイツのセラピーセンターの治療室に置いてあるオイリュトミーフィギィアーを見て「これは何?」と質問するのは、就学前の幼稚園児です。「何だと思う?」と聞き返すと、「天使」と答えて、満足してオイリュトミーを始めます。まだ創造する力と結びついている子供たちは、無意識に体験している「天使たち」と出会えて嬉しいのです。

オイリュトミーを学ぶ途上で誰もが色の動きとフィギィアーに出会います。練習と研究を重ねていくと色の動きのダイナミックと調和をエーテル的に体験するようになり、惑星領域や黄道12宮の宇宙空間の動きを垣間見ることになります。

シュタイナー学校の生徒がオイリュトミーの授業で、オイリュトミストや愛好家の方が研究の途上で、また老人ホームで余暇の楽しみとして、この「ぬりえ」と出会い、そしてこれが芸術的プロセスを通してアントロポゾフィーを体験する人生の旅の「旅行ガイド」となれば幸いです。

また、「オイリュトミーぬりえ出版記念」として、オイリュトミーフィギィアー・ポスターが付録として送付されます。

※1『オイリュトミーぬりえ』はドイツ語・日本語、二カ国語対応です。
※2『オイリュトミーぬりえ』に付録のポスターは三つ折り、ポスター単体購入の場合はポスター用ケースに入れて発送致します。

中を見る

著者
共著
EMI YOSHIDA(吉田恵美), YUTA TAKAHASHI(髙橋祐太)

スケッチ/翻訳
EMI YOSHIDA(吉田恵美)

アートディレクション
YUTA TAKAHASHI(髙橋祐太)

仕様
その他 28ページ
発行日 2014年4月1日
言語 ドイツ語・日本語、二カ国語対応
ISBN 978-4-9906920-3-2
寸法 290 × 210 × 4 mm
© 2014 Emi Yoshida, Yuta Takahashi Printed in Japan

ブックを購入
Amazonで購入:こちら
その他の店舗を見る:こちら


このエントリーをはてなブックマークに追加
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

0 件のコメント :

コメントを投稿