2013年11月17日日曜日

12.14|ルドルフ・シュタイナーの『四季の宇宙的イマジネーション』を読む|特別編:クリスマス


シュタイナーの講演録の中でも特に難解な「クリスマスのイマジネーション」の理解の為に11月2日では、中世の錬金術に由来する塩・水銀・硫黄という三原理についてお話ししました。今回は、この三原理の話を発展させつつクリスマスの講演を概観してみたいと思います。

講師 竹下哲生(たけしたてつお) 
1981 年香川県生まれ 2000 年渡独 2002 年キリスト者共同体神学校入学 2004年体調不良により学業を中断し帰国 現在自宅で療養しながら四国でアントロポゾフィー活動に参加

訳書キリスト存在と自我〜ルドルフ・シュタイナーのカルマ論〜』(SAKS-BOOKS)『アトピー性皮膚炎の理解とアントロポゾフィー医療入門』(SAKS-BOOKS)
2013年12月14日(土)13:00 - 16:30
講師自邸 香川県綾歌郡綾川町滝宮 201-1 ☎ 087-876-0059
Price 1,000 yen
お電話でのお問い合わせ  ☎ 087-876-0059 竹下哲生迄


このエントリーをはてなブックマークに追加
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

0 件のコメント :

コメントを投稿