2013年8月13日火曜日

リューダー・ヤッヘンス:アトピー性皮膚炎の理解とアントロポゾフィー医療入門



アトピー性皮膚炎の理解とアントロポゾフィー医療入門     ▶▶ 試し読みをする◀◀
リューダー・ヤッヘンス 著
山本百合子/石川公子 監修
竹下哲生 訳
単行本2,000円+税  ブックを購入する≫
電子版1,000円  iBookstoreで入する≫

紹介文
この本はアントロポゾフィー皮膚科医であるリューダー・ヤッヘンス氏が2009年夏に四国各地で行った講演録です。アトピー性皮膚炎に関する公開講演を軸に、皮膚科医の立場からのアントロポゾフィー医学全般に関する基礎講座、更には治療薬の原料として重要な意味を持つアンチモンと、四国の精神的土壌に関する公開講演も収録しています。

異なる主旨の元で開催された複数の講演を一冊に纏めたものなので、最初から統一的な意図を持って書かれた著作ではありませんが、医学に関する様々な分野を「広く」知ることが出来るという点に於いては充実した内容になっています。また専門的な領域にまで興味を持った読者の為には脚注による丁寧な補足も為されています。

本文の最後に収録されたアンチモンに関する公開講演の補足と解説、更にルドルフ・シュタイナーの1924年の手記である『自然過程と治療』の翻訳も付録として収録し、医学的な監修と校閲を皮膚科医の山本百合子先生とオイリュトミー療法士の石川公子さんに担当して頂いています。


目次
はじめに

公開講演 Ⅰ アトピー性皮膚炎の理解と病気の治療
近代的な方法論の限界とアントロポゾフィーの役割/人体の三構成/皮膚の三構成/アトピー性皮膚炎の社会的・体質的背景そして発症/発症しやすい部位と発症しやすい人間の気質/子どもの発症と“現代病”としてのアトピー性皮膚炎/アトピー性皮膚炎の予防/アトピー性皮膚炎の治療/質疑応答

集中講座 Ⅰ アントロポゾフィー医療の診察の時間
水と空気・生命と魂

朗読 ブレーメンの音楽隊

集中講座 Ⅱ 四つのエレメント
人間本質の四要素と四つのエレメント/自我の働きと熱(火のエレメント)

集中講座 Ⅲ 病気の原因と治療
アントロポゾフィー医療に於ける五つの治療法/人間本質の四要素と四つのリズム/病気と人間の運命

集中講座 Ⅳ 神経系と代謝系の対極
動物界に見出される人体の三構成の要素/アトピー性皮膚炎と花粉症/アトピー性皮膚炎と喘息

集中講座 Ⅴ 質疑応答
化学薬品を用いた治療薬の使用について/アトピー性皮膚炎が発症する部位について/食べ物とアトピー性皮膚炎の関係について/乳製品について/アトピー性皮膚炎を発症した人の癌の疾病率について/希釈度の高いホメオパシーの薬について

集中講座 Ⅵ 花粉症の理解と治療

公開講演 Ⅱ アンチモンの神秘と四国の精神性
自然界のアンチモン/アンチモンと科学技術/アンチモンと人体/アンチモンと医療/アンチモンと四国の精神的土壌/質疑応答

巻末付録I 空海と市之川鉱山
巻末付録II 自然過程と治療

あとがき

著者・訳者
著者リューダー・ヤッヘンス(Lueder Jachens)
1951 年ドイツ・ブレーメン生まれ 17 歳の時にアントロポゾフィーと出会う その後、キールとゲッティンゲンの大学で医学を専攻し、卒業後、1984 年から皮膚科医師としての活動を開始 1992 年に南ドイツ・アルゴイ地方のシュティーフェンホーフェンにクリストフォールス診療所を設立 1993 年からアントロポゾフィー皮膚科学会を主宰 スイス・アーレムハイムの癌専門病院ルーカス・クリニックでの医学ゼミナールやドイツ・シュトゥットゥガルト近郊の総合病院フィルダー・クリニック、そしてWeleda やWala といった製薬会社などにおいて、ヤッヘンス氏は指導的立場にあり、診療所が休診である週末の殆どが、各地での講演やゼミナールで埋め尽くされている 地元ヴァンゲンのアントロポゾフィー協会では精神科学自由大学の分野などで重要な課題を担っている

監修山本百合子(やまもとゆりこ)
東京生まれ 北里大学薬学部卒・聖マリアンナ医科大学医学部卒 医学博士・皮膚科専門医 聖マリアンナ医科大学病院皮膚科医長を経て1991 年より医療法人社団山本記念会理事長 山本記念病院皮膚科、同自由診療部にて診療にあたる 日本アントロポゾフィー医学のための医師会会員 日本ホリスティック医学協会常任理事

監修石川公子(いしかわきみこ)
国際基督教大学卒業 1987 年渡独 ドイツ中部のビンゲンハイム共同体にて治療教育の課程を修了 ハンブルグ・オイリュトミー学校卒業後、スイス・ドルナッハにてオイリュトミー療法士の資格を取得 ヘルデッケ共同体病院、ミュンヘンのヴァルドルフ学校にて研修の後、1999 年帰国 現在、東京、横浜を中心に病院、医院、自宅等にてオイリュトミー療法を実践する傍ら、健康オイリュトミーのワークショップや講演などの活動を行っている

訳者竹下哲生( たけしたてつお)
1981 年香川県生まれ 2000 年渡独 2002 年キリスト者共同体神学校入学 2004年体調不良により学業を中断し帰国 現在自宅で療養しながら四国でアントロポゾフィー活動に参加

情報
単行本 168ページ
発行日 2013年9月1日
ISBN 978-4-9906920-2-5
寸法 210 × 140 × 11 mm
© 2013 Tetsuo Takeshita Printed in Japan

このエントリーをはてなブックマークに追加
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

0 件のコメント :

コメントを投稿