2013年8月28日水曜日

9.21|Goetheanum 定礎100周年記念祭


写真:定礎式の時に埋められた文書


第一ゲーテアヌム定礎式100周年に宛てて

1913年9月20日、後にゲーテアヌムと呼ばれる建築物の礎石がドルナッハの丘に埋められました。それから100年が経過した今、定礎式の歴史的な背景を振り返りながら、その内的な意味について考察してみたいと思います。何故なら定礎式のあった1913年という年は、ルドルフ・シュタイナーの生涯に於いても重要な転換点になっているからです。

『実践的に思考を育てる —1909年1月18日 カールスルーエ ルドルフ・シュタイナー講演録—』をiBookstoreで発売開始!


霊能者であり、また哲学博士としてその霊視内容を論理的に語ることのできたルドルフ・シュタイナーが教える実践的な思考力の育て方の手引きである。また、「神秘主義は役に立たない」という批判に対抗してなされた、「役に立つ」内容の講演である。

習慣的思考から脱却し、記憶力を育て、思いつきをよくする、などの練習方法が具体的に述べられている。シュタイナー思想に関心のある人はもちろん、直接の関心はなくとも、自らの基本能力を育てたいと思う人なら、かならずヒントが見つかるはずであろう。精神世界を認識しようとする道が、本講演の内容のような、非常にまっとうで地道な作業から始まることに驚く人もいるかもしれない。またそれに、ある種の安心感を覚える人もいるであろう。

訳者


2013年8月21日水曜日

『実践的に思考を育てる』

実践的に思考を育てる(電子版)

1909年1月18日 カールスルーエ ルドルフ・シュタイナー講演録
ルドルフ・シュタイナー 著
森章吾 訳
電子版300


2013年8月13日火曜日

『アトピー性皮膚炎の理解とアントロポゾフィー医療入門』 ▶▶試し読みをする◀◀


この本はアントロポゾフィー皮膚科医であるリューダー・ヤッヘンス氏が2009年夏に四国各地で行った講演録です。アトピー性皮膚炎に関する公開講演を軸に、皮膚科医の立場からのアントロポゾフィー医学全般に関する基礎講座、更には治療薬の原料として重要な意味を持つアンチモンと、四国の精神的土壌に関する公開講演も収録しています。電子版として試し読み可能な部分を転載記事としてご紹介致します。ブックの詳細は:こちら

リューダー・ヤッヘンス:アトピー性皮膚炎の理解とアントロポゾフィー医療入門



アトピー性皮膚炎の理解とアントロポゾフィー医療入門     ▶▶ 試し読みをする◀◀
リューダー・ヤッヘンス 著
山本百合子/石川公子 監修
竹下哲生 訳
単行本2,000円+税  ブックを購入する≫
電子版1,000円  iBookstoreで入する≫