2013年7月11日木曜日

SAKS-BOOKSから『キリスト存在と自我 〜ルドルフ・シュタイナーのカルマ論〜』の電子書籍ヴァージョンを発売


SAKS-BOOKSから発売された電子書籍『日本の民族運命と今後の課題』に続く第二弾『キリスト存在と自我 〜ルドルフ・シュタイナーのカルマ論〜』の電子書籍ヴァージョンが発売となりました。本電子書籍は2013年3月下旬に発売されたキリスト存在と自我 〜ルドルフ・シュタイナーのカルマ論〜』を底本としており、電子版にあわせて見出しの数を追加したヴァージョンとなっております。立ち読み可能な電子版サンプルから大幅に本文内容をプラスした特別版の転載記事と共にご紹介致します。

2013年7月10日水曜日

SAKS-BOOKSから『日本の民族運命と今後の課題』の電子書籍ヴァージョンを発売


今回の電子書籍発売にあわせ、『日本の民族運命と今後の課題』のまえがき部分と第一章——突然の大災害——を、web転載記事と共にご紹介出来る運びとなりました。本電子書籍は2013年1月に発売された『日本の民族運命と今後の課題』を底本としており、電子版にあわせ、3.11東日本大震災から約3週間後の宮城県女川町の惨状を撮影した(撮影:Yuta Kuwahara)写真数点を追加収録しています。本記事へのweb転載を快く快諾して下さった訳者の吉田和彦氏にお礼を申し上げ、ご紹介としたいと思います。

2013年7月9日火曜日

先行告知|SAKS-BOOKSの電子書籍がiBookstoreで利用可能に


iPad, iPhone, iPod touch, Macシリーズに対応したSAKS-BOOKSの電子書籍をiBookstoreから発売。
電子書籍出版についての挨拶と経緯

この度、Shikoku Anthroposophie-Kreis出版部=SAKS-BOOKSから、iOSデバイス、OSX Mavericks以降のMacシリーズに対応した電子書籍が発売されることとなりました。電子書籍化についての話は昨年の冬頃から出ており、今回ようやくそれが形となった訳ですが、今後は実際の書籍出版とあわせて電子書籍のリリースをしてゆきたいと考えています。

スマートフォンやタブレットなどの電子デバイスの普及と生活への浸透に見られるように、私たちは様々な環境や場所で——つまりスマートフォンで調べ物をしたり、暇つぶしをしたり——電子デバイスを活用しています。その活用の機会にぜひアントロポゾフィー=精神科学的な研究や学問ついての知識を深めたり——また調べ物をしたり——する事が出来れば、どれだけ時間を有意義に使う事が出来るか、という思いから電子書籍出版に至ったという経緯があります。