2012年7月20日金曜日

精神科学的に石灰を観る。『夏期における石灰の内的性質とその考察 8.29』

外的に観察する限り・・・冬の石灰と春の石灰の間に注目すべき違いは無いでしょう。しかし・・・観察に於いて遥か宇宙へと出て行くとき初めて、石灰のメタモルフォーゼが姿を現すのです。
Rudolf Steiner Dornach, 7. Oktober 1923

2012年7月11日水曜日

日常にあるものの「質」の違いを知る。『Design Study 7.29』



普段、何気なく生きている中で接している「もの」と「人」との関わりを、様々な角度から見ていく取り組みをします。

第一回はファッション篇。

R.Steiner 著『四季の宇宙的イマジネーション』を読む(月一回)



四季の巡り、自然界の移り変わりと祝祭との関係性を見出すのが難しいのは、感覚的な事象の背後にある「イマジネーション」という現実を把握することが難しいからだと言えます。ルドルフ・シュタイナーの講義録:『四季の宇宙的なイマジネーション』の読書会では、目に見える自然の背後にある季節の本質について考えてみたいと思います。