2012年4月24日火曜日

シュタイナーの民族観 〜日本の美的ー象徴的生活空間と神仏〜 西川隆範



4.21 に西川隆範氏をお招きし、香川県高松市にて『シュタイナーの民族観 〜日本の美的ー象徴的生活空間と神仏』講演会を開催いたしました。

講演会は 90分 2コマの時間を持ち、日本の文化的発展、また世界の民族的考察を交えながら、枯山水、日本の庭園文化についての考察、日本独自の「間」「空白」等についてと未来の日本民族の課題について考察する機会を持ちました。


関連リンク



このエントリーをはてなブックマークに追加
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

0 件のコメント :

コメントを投稿