2017年12月18日月曜日

ヨハネス・グライナー著『ロックミュージックのオカルト的背景』好評ファンディング中につき、冒頭を一部公開!



2017年11月27日〜2018年1月31日まで行われているクラウドファンディング・プロジェクト「ロックミュージックの源流を解き明かす書籍『ロックミュージックのオカルト的背景』を翻訳出版したい!」。好評ファンディング中につき、冒頭を一部公開致します。ファンディングが達成されない場合、本書は出版されません。是非この機会にご支援宜しくお願い致します。


ファンディングサイトはこちら


ヨハネス・グライナー著
ロックミュージックのオカルト的背景
アレイスター・クロウリーと深淵からの獣の浮上


バケモノと闘う者は
自分もバケモノに成ってしまわぬ様に心せよ
お前が深淵を覗き続けるならば
深淵もまた、お前の中を覗き込んでいるのだから


この様にフリードリヒ・ニーチェは、自らの著書『善悪の彼岸』の中で警鐘を鳴らしていますが、ロックミュージックのオカルト的背景に取り組む場合にも、これと同じことが言えます。何故ならこの音楽を探求する眼差しには、そこに精神的な衝動を与えた人物はルドルフ・シュタイナー最大の敵対者のひとりである、ということが明らかになるからです。それはイギリスの扇動者であり、魔術師であるアレイスター・クロウリーのことなのですが、彼は私たちが今日「娯楽音楽」として親しんでいるものの発端に立っています。そして過去六十年の娯楽音楽の発展の中で例えば:ロック、ポップ、ロックンロール、ブラックメタル、デスメタル、スピードメタル、ヘヴィーメタル、ラップ、ヒップホップ、テクノ、ハウス、ゴアトランス、パンク、グランジ、インディー・ロック、ドラムンベース、ゴシック・ロックなどの様々なジャンルが確立されて来たのです。これらの音楽ジャンルの共通点は殆ど全てが電気的に再現(注1)されているということと、機械的なリズムが使用されているということです。そして本書における「ロックミュージック」という言葉は、こうした「娯楽音楽」の多様なジャンル全体を代表するものとして理解して頂ければと思います。

2017年12月11日月曜日

哲学博士 イェッセ・ミュルダー 初来日講演会


新進気鋭のオランダの哲学者イェッセ・ミュルダー博士が、難しい哲学を分かり易く解説してくれます。

哲学とは「考えることについて考える学問」だと言えます。そして考えることは誰にでも出来る訳ですから、そういった意味では人間は誰しもが既に哲学者だと言うことが出来るのです。そして更に言うならば、そういうことについて考え始めた時点で既に、私たちは哲学の只中に立っているとも言えるのです。

しかし「考える」ということは、個人的な行為ではないでしょうか。詰まり自分には自分の「考え」があり、他の人はその人なりの「考え」があるということです。そういった意味で思考というのは単に「個人の所有物」だと言えるでしょう。しかし、これが考えるということの全てではありません。何故なら私は「誰かが考えたこと」について考えることも出来るからです。そしてひょっとしたら、その人も「私の考え」について考えてくれるかも知れません。

2017年8月10日木曜日

翻訳作業に於ける数エーテルの働き

2017年6月19日〜7月31日にわたって、クラウドファンディング上でアルミン・J・フーゼマン著『音楽要素から構築された人間のからだ』の出版支援プロジェクトが行われた。目標金額の200%を上回るご支援を頂き、クラウドファンディングは終了した。ドイツで30年のロングセラーを誇る本書の日本語訳出版がいかに待ち望まれていたかが伺える。しかし本書が日本語訳として出版されるまでにどのような経緯があったのか? 訳者である吉田和彦氏の「訳者あとがき」より、本書の出版経緯について抜粋、ご紹介させて頂く。


本書との出会い

1993年、当時ミュンヘン・アントロポゾフィー協会で理事を務め、精神科学自由大学責任者の一人でもあった故エファ・ヴィーガント博士が、その翌年の定例ヨハネ祭を企画された際、その音楽責任者に私を指名し、作曲を依頼して下さった。24年前のことである。彼女の希望で、ドイツの詩人エリカ・ベルトゥレ(1921-2013)のモダンな詩にソプラノ・フルート・ピアノの為の曲を書いて初演されたのが翌1994年6月であった。ヨハネ祭は盛況で、ヴィーガント博士も大変満足して下さった。その行事の後、彼女が「あなたは音楽家で聴くことが大切だから文字は読まないだろうけど、でも、これは大切な本だから……」と言って私に手渡した本、それがこの『音楽要素から構成された人間のからだ』(当時第3版)であった。これが本書との私の出会いである。

2017年7月28日金曜日

Shikoku Anthroposophie-Kreis 創立10周年記念 『これからのアントロポゾフィー』in 宇多津 8.26 - 27

Goetheanum 《赤色のガラス窓》Foto: Yuta Takahashi


『これからのアントロポゾフィー』自分はアントロポゾフィーから何を得たか? そこから自分は何をしてゆくのか?

2007年8月5日に四国アントロポゾフィー・クライスが宇多津で産声を上げて10年が経過します。これ まで会員を始め支援して下さっている方々、 はるばるヨーロッパから四国を訪ねて下さった数多くのゲストに支えられ、この節目を迎えることとなりました。クライスではこれを記念した集会を企画し、参加される皆様方と共に、過去の歩みを振り返るばかりではなく、それにも増して今後のクライスの活動はどうあるべきなのか、日本におけるアントロポゾフィー発展の為に私たちはどのように考え何をして ゆくべきなのか、 そうした現実的な未来に焦点を当てながら、これまでの経験を通じて生まれた認識や意見の生き生きとした交換の場を持ち、それを今後10年の新たな起点にしたいというのが、この記念集会の目的です。

2017年7月6日木曜日

第二次文献としての『音楽要素から構築された人間のからだ』

2017年6月19日からクラウドファンディング上で出版の為の支援が開始されたアルミン・J・フーゼマン著『音楽要素から構築された人間のからだ』。長らく日本語訳の出版が待ち望まれていた本書だが、ファンディング開始6日目で目標金額達成という事実をみても、いかに本書の日本語訳が待ち望まれていたかが分かる。ヨーロッパで出版以後、約20年に亘って版を重ねてきた本書の重要性について、クライス代表の竹下哲生氏に語ってもらった。

クラウドファンディングは2017年7月31日まで:
(本書は一般書店での販売予定がありません。是非この機会にご支援よろしくお願い致します。)


>> クラウドファンディングはこちら <<


第二次文献としての『音楽要素から構築された人間のからだ』

本書の出版に伴って、いわゆる“第二次文献”の位置付けも同時に発信していきたいと思う。精神科学としてのアントロポゾフィーに於いて、ルドルフ・シュタイナー自身の手による「著作」の重要性は特別な位置を占めている。そして、この事実は決して当然のことではない。

2017年6月20日火曜日

【ドイツで30年のロングセラー】 シュタイナーの理念を今に伝える貴重な1冊 『音楽要素から構築された人間のからだ』を翻訳出版したい!


このプロジェクトは、 "シュタイナー教育" で知られるルドルフ・シュタイナーの思想の普及と研究を行う書籍を出版するサックスブックスが行う、ドイツ人医師であり音楽家でもあるアルミン・J・フーゼマンの著書『音楽要素から構築された人間のからだ』を翻訳出版するプロジェクトです(クラウドファンディング期間は6月19日〜7月31日まで)

ドイツで30年にわたって版を重ねる、人体と音楽の関係性について解き明かしたこの名著を是非この機会に出版し、日本の皆様にお届けしたいと考えております。





・ファンディング期間中は定価3,700円+税のところ、3,500円+税(送料無料)にて販売し、さらにお得な先行予約特典も多数あります(出版予定は8月下旬)。

・期間は6月19日〜7月31日までで、目標金額に達成しない場合、決済はされず書籍も制作されません。

・クレジットカードでの決済ができないなどのご都合がある場合は、銀行でのお振込みも承ります(メンバーが代行してのプロジェクトに送金いたします)。ご不明な点、お問い合わせ等ございましたら、遠慮なくお尋ねください:saksbooks@gmail.com

著者、訳者共に日本の皆様にご紹介することが長年の夢だった本書を是非この機会に出版したいと考えております。皆様の温かいご支援よろしくお願い致します。

投稿のシェア、ご紹介等も大歓迎です。皆様のお力添え宜しくお願い致します。


SAKS-BOOKS
フーゼマンプロジェクト一同


2017年4月7日金曜日

第四部:統一的な中世と分裂した現代


パブロ・ピカソ『ゲルニカ』1937年




先日SAKS-BOOKSから発売された『アントロポゾフィー協会と精神科学自由大学』ヨハネス・キュール, ヨハネス・グライナー(共著)竹下哲生(編訳)。その中で、個と社会との関係性(対立)を論じるために、デザインとアートの関係性(対立)についても触れられた。本対談では、前掲書の編訳を行ったShikoku Anthroposophie-Kreis代表の竹下哲生と、ブックデザインの担当をしたArt Director / Designerの髙橋祐太が、主に西洋芸術史を基にデザインとアートという対立について考え、それを軸に現代日本の社会問題についても考えていく。


竹下:これまでの話をまとめると、アートというのは中世的な精神からの解放だと理解することが出来ます。それまでは社会的な関係性の中で作品を創造していた「職人」が――その創作の源泉を個人の内面に移行することで――「アーティスト」として社会から徐々に独立してきます。そして中世の職人が「伝統」に従って作品を生み出していたのに対して、アーティストは自らの「個性」を拠り所にします。伝統というのは、いわば社会の所有物ですが、個性の所有者は言うまでもなく個人なのです。